グルコサミンもコンドロイチンも効果なしならどうすれば良い?

グルコサミンもコンドロイチンも効果なしならどうすれば良い?

人の運動による働きを関節に伝えることで調節するため、グルコサミンやコンドロイチンは欠かすことはできません。
このふたつは柔軟性やしなやかな関節を支えるだけでなく様々な働きをし、私たちの若さを保つ役割も担っているわけです。

 

具体的にグルコサミンはグルコースとアミノ酸から作られるアミノ単糖であり、軟骨を構成する主成分です。
関節には当然ながら広く存在しており、関節の衝撃を吸収したり、関節そのものの痛みを軽減するのにも効果があります。
エビやカニの殻のほか、イカやウナギなどに含まれていますが、日々の食生活からは摂りにくい成分です。

 

コンドロイチンは粘着物質で、軟骨や骨をはじめ角膜や皮膚、血管壁などに存在し、細胞や組織同士を結合させる働きをしています。
またそれらの保水性や弾力性、円滑性を保つ効果もあります。
鶏の皮や牛の軟骨以外にも魚の目玉や山芋、オクラなどに含まれていますが、こちらもやはり食事からは摂取されにくいものです。

 

これら両方を摂っても効果なしという人が時々いるのですが、これらの性質からいかに効率よく成分を摂り込むかを考慮する必要があります。
これらは食事から摂取しようとすると、かなり膨大な量を摂らなくてはいけません。
費やす時間だけでなく費用対効果も考慮するなら、成分含有量の高いサプリメントで摂ることがベストなチョイスです。
普段の栄養バランスを考えた食事にプラスして上手にサプリメントを活用することで、高い効果が期待できます。